mascot / 代表 / 1級建築士 / 登録第365667号

杉山 聖昇 / Kiyonori Sugiyama

Tel / 080-1082-4488

E-mail / sugiyama@kiyo-a.com

〒381-0043 / 長野県長野市吉田3-11-3

業務内容

家具デザイン・製作 / 建築設計・監理 

経歴

2006 長野工業高校建築科 卒業

2010 神奈川大学工学部建築学科 卒業

2011 デンマーク王立芸術アカデミー建築大学 留学

2013 神奈川大学大学院工学研究科建築学専攻曽我部研究室 卒業

2015 城南職業能力開発センター木工技術科(旧品川職業技術専門校) 卒業

2015 mascot 設立

2016 Poten-Poten 共同設立

受賞歴

2006 JIA長野県高校卒業設計特別賞

2008 東京建築士会住宅課題賞入賞

2010 神奈川大学卒業設計最優秀賞

2011 Archiprix International 2011 Participants Favourites

2013 神奈川大学大学院修士設計最優秀賞

2019 上有住地区公民館新築工事設計業務公募型プロポーザル入賞(Poten-Ponteとして)

掲載歴

Webメディアdesignboomに美容室EighT掲載(Poten-Ponteとして)

商店建築2018年1月号に美容室EighT掲載(Poten-Ponteとして)

新建築2020年8月号に野沢のコーポラティブハウス掲載(Poten-Ponteとして)

講演歴

2018.5.15 キャリア形成支援のための卒業生による連続講演会01「アトリエ事務所の経験と身近な場のデザイン」

@神奈川大学(Poten-Potenとして)

2019.5.4 THE DARK SIDE OF THE MOONトークイベント

@廃材標本KUアーキラボ(Poten-Potenとして)

すぎやまきよのりせいほうけい.jpg

杉山 聖昇 / Kiyonori Sugiyama

1987年長野県長野市生まれ。中学時代、父が持つアルネ・ヤコブセンの洋書など建築関係の本を見て建築家を目指す。ヤコブセンはプロダクト・家具から建築まで様々なスケールのデザインをしており建築家とは生活全てに携わるデザイナーであると知る。高校は長野工業高校の建築科で建築の基礎を学ぶ。大学は神奈川大学のみかんぐみ曽我部昌史氏の研究室に所属しプロジェクトリーダーとして寿公園再整備計画など様々な実施プロジェクトに携わる。大学院進学時にアルネヤコブセン、パントン、フィン・ユールなどの母校デンマーク王立アカデミー建築大学に1年間留学する。留学中半年間ファニチャーセメスターに所属し、椅子のデザインを学ぶ。その際椅子を製作する必要があり使い方を教わりながら工房で製作する。デンマークの家具デザイナーである、モーエンセン、ウェグナー、ポール・ケアホルムなどは木工マイスターを取得後にデザイナーになったことを知る。 そのことから大学院卒業後に、日本の家具製作の技術を学ぶため、城南職業能力開発センター木工技術科(旧品川職業技術専門校)で木工技術を学ぶ。 卒業後2015年mascotとして家具デザイン・製作会社を設立する。 2016年SUEP.で働いていた加藤とPoten-Potenとして建築設計・監理会社を共同設立する。 2019年Poten-Potenを勇退しmascotを建築設計・監理、家具デザイン・製作会社として活動する。 mascotでは家具製作の知識を家具デザインに活かし、建築設計までトータルにデザインを行なっている。